お客様の声・お知らせ

久しぶり!!蓄熱式床暖房の石油熱源機交換工事

2017年08月03日

皆さんこんにちは!
床暖房に詳しいDr.マーレです。
今回の施工例は今年3月に行ったちょっと特殊な「蓄熱式床暖房」の石油熱源機の交換工事となります。
「蓄熱式床暖房」とは、家全体を快適な空間にする究極の床暖房で、近年やっと世間に知られるようになってきた快適設備です。
マーレもこの蓄熱式床暖房の販売・施工を行っておりますが、新築を建てる際には絶対にお勧めの設備です。

「うちの床暖房はちょっと変わってるみたいで、工事できる業者さんがいないんだよ・・・。マーレさんは暖房システムに詳しいみたいだけど交換工事できるか見に来てもらえないかな??」
とお客様からお問合せいただき、現場はマーレから近い東京都の立川市だったので、
「これはマーレの出番でしょう♪」とすぐにご訪問しました。
ご訪問し、設置状況を確認したところで、「交換できます!!」と即答させていただきました。

金額をご提示し、正式にご依頼いただいてから交換機種をメーカーから取り寄せ、工事日を迎えました。

施工前 石油熱源機(ボイラー)
東京都立川市、施工前 石油熱源機(ボイラー)
お客様がご親切に器具のふたやカバーをはずしておいてくださいました。
交換前の熱源機(写真奥)は高木産業株式会社、つまり「パーパス」の石油式温水ボイラー TP-BSD130Rでした。
東京都立川市 施工前、パーパス TP-BSD130R 型番
15.1kWの能力の暖房専用の熱源機です。2002年4月製造ですね♪
マーレがまだ床暖房工事の会社にいた頃でしょうか?
東京都立川市、外付け熱動弁ヘッダー
外付けの熱動弁ヘッダーです。
このシステムの優れた点は、消耗部品である熱動弁が故障しても、容易に交換が可能な点です。
今回はまだ熱動弁の故障もないので、このヘッダー部は点検だけで、交換はしません。
東京都立川市 施工前、メインリモコン FHR07 & 床暖コントローラ
床暖房熱源機を操作するメインリモコンFHR07(写真上)と、温度を管理する床暖コントローラ(写真下)です。
床暖コントローラ(写真下) に不具合がありませんでしたので、今回はFHR07(写真上) のみの交換となります。
何で違う種類のリモコンが設置してあるの!?
と思うかもしれませんが、それぞれが作動して安全に快適に部屋全体を温めます。

ここで問題です!!
最初に、「設置状況を確認したところで、「交換できます!!」と即答させていただきました。」と書きましたが、なぜマーレは今回のような特殊な床暖房熱源機の交換工事をできたのでしょうか??

答えは・・・
「このお宅の新築時、この床暖房工事をしたのがマーレだったから。」でした☆

厳密に言えば、合同会社マーレが設立される前、マーレが勤めていた床暖房工事の会社で行った工事だったからです♪
そりゃ交換工事できるわけです◎
見た瞬間わかりました。思わず熱源機に「久しぶり!!」と言いたくなりました。

このお宅は住友林業グループの「スミリンシステム住宅」というハウスメーカーで建てた住宅です。
マーレは昔、この「スミリンシステム住宅」 の蓄熱式床暖房の施工を東京、埼玉、神奈川、千葉、茨城、群馬、栃木などで何百、何千棟と行いました。
なぜならこのシステムを考えたのはマーレの勤めていた会社の社長だからなのです!!
現在もたまに交換できる業者がいないから交換して!!と住友林業からその社長宛に依頼が来るのですが、まさかお客様から直接マーレに依頼がくるとは・・・。感慨深いものです・・・。うれしい限りです・・・。

ということで交換後の写真をご覧ください。

施工後 石油熱源機(ボイラー)
東京都立川市 施工後、石油熱源機(ボイラー)
冬だったので、不凍液交換や色々な点検等していたらあっという間に暗くなってしまいました。
交換後の機種はCHOFU(長府製作所)の EDBF-1511RG です。
東京都立川市 施工後、EDBF-1511RG 型番
交換前と同等の暖房能力が15kWの商品です。
東京都立川市 施工後、メインリモコン
CHOFUのメインリモコンCMR-2614 に交換しました。
床暖コントローラはそのまま再使用します。

試運転し、問題なく運転することを確認し、施工完了です◎

このようにスミリンシステム住宅にお住まいで、蓄熱式床暖房をお使いの皆様!
熱源機の交換は施工経験豊富なマーレにお任せください!!
ハウスメーカーに依頼するとメーカー施工になったりして、かなり高額になりますよ。

蓄熱式床暖房のことを良く知るマーレの高品質で安心の蓄熱式床暖房の石油熱源機交換工事でした。

暖房システムのことなら何でもご相談ください。
マーレがあり続ける限り、こういった特殊な床暖房システムの悩みを解決し続けていきたいと思います。


カテゴリ: 工事例


給湯器交換の相談・お問い合わせ

電話でのお問合せは042-507-6339

※営業電話は業務の妨げになりますので一切おことわりします。ご理解とご協力をお願い致します。


フォームからのお問い合わせ

totop